レナード・カムホート


このブランドは今やシルバー好きには絶対的ブランドですね。
その訳は、レナード・カムホートという最高の職人にあります。

彼はシルバー界のトップブランド、クロムハーツを
今の地位まで登りつめさせた最大の功労者であり、
『天才』、【神の手】などなど数々の名声を手にした
シルバー界の超大御所なのです。

デザインの特徴は鳥をモチーフにしたデザイン。
シルクリンクと呼ばれるモデルは爆発的な人気を誇った。

内部分裂で一時はどうなるかと思ったが、
※金銭面、様々な問題が重なり、
 娘夫婦がシルバーアクセサリー作製の道具をすべて
 持っていってしまったのです。

2000年からは『LONE/LONE ONE』とブランド名を変え、
世界中の人々に愛される、最高のシルバーアクセサリー
作りを展開している。



クロムハーツ


リチャード・スターク氏
ジョン・バウマン氏
レナード・カムホート氏の三名で
設立されたシルバーアクセサリーの
絶対的ブランド。

設立は1989年にマリブでと噂されている。

■リチャード・スタークス
リチャードはハーレーダビッドソンを愛するバイカーで、
元々は建築の仕事をしていたのだが、革の魅力に惹かれて行き、
なめし革のセールスを始める様になる。
この時にビルウォールレザーで銀細工に出会い、
シルバーへの知識を得たとされている。

■ジョン・バウマン
革製品の仕事をしていたジョンはリチャードの噂を聞き、
コンタクトを取り、出会うことになる。
そこで共同でレザーウエアの作成をしようと始まったのが
元々のクロムハーツ誕生のきっかけである。
商品はバイカーの為のバイカー目線から作成した、
自分が欲しいと思う物づくりをしていた。

■レナード・カムホート
神の手を持つと言われる天才彫金細工師レナード・カムホート。
彼がリチャード、ジョンと出会うことで、
レザーとシルバーの融合である最高傑作クロムハーツが
誕生したのです。

自らもバイカーである為、バイカーの目線で
商品作りが出来、最高のデザインをしたリチャード。
その革についての豊富な知識を持っていたジョン。
そしてすべてを最高級の商品へと変化させた天才カムホート。

彼らの誰か一人が欠けただけで、
クロムハーツが現在のブランドになる事はなかった。
彼ら三人の知識と技術の結晶が最高級の商品を作り上げてきたのです。

現在は拠点をハリウッドへ移しリチャードがデザイナー兼社長として
最高級の物作りをしている。



ガボール


デザイナーはガボール・ナギー。
スカルをデザインしたシルバーアクセサリーが有名で、
その完成度は高く、数多くの有名人から愛させれる
言わずと知れたスーパーブランド。

ガボールは45歳という若さでこの世を去ってしまったのですが、
シルバーアクセサリー界の首領とまで言われる絶対的存在でした。

15歳でシルバーアクセサリー界に入り、
工房で10年間の修行を積み、
フリーデザイナーとなってからはいくつもの会社から
デザインを依頼される様になっていく。

その当時のシルバーアクセサリーと言えば、
主流はレディース。男性向けアクセサリーが極端に少ない
事からガボールはベニスビーチの小さな小屋で
オリジナルデザインを作り始めたのです。

その噂は瞬く間に広がり、
ガンズ&ローゼスやエアロスミスなども彼のデザインに
惹かれていったのです。

日本でも大ブームになり、
クロムハーツかガボールかと言った2大ブランドとして
世の中を騒がせていた記憶があります。

ガボールが亡くなってしまった現在は妻のマリア・ナギーが
後を継いでいます。

シルバーアクセサリーに革命をもたらしたガボール。
彼が数多くの人から慕われたのには、
その作品一つ一つが完成されていて、
他では絶対に味わえない最高のデザインがあったからではないでしょうか。

『ガボールのスカルは笑っているだろ?ハッピーにしてくれるんだよ。』

彼が残したこの言葉があまりにも印象的で、
スカルのイメージが変わったのを覚えています。
どんなに時間が経っても決して価値が下がらない。
本物の中の本物。

それがガボール。
ガボールのシルバーアクセサリーだと思います。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。