グランドオールズ


GROUND ALLS グランドオールズ

このブランドは、シルバーストーンという会社から出ていたデニムブランド。
今はもうこの会社が無いので、もし見つけたら絶対にゲットです。

元々はたしか、会社名のシルバーストーンで、
デニム展開していたと思いますが、
グランドオールズにしてからのデニムは正直、絶品ですね。

日本でレプリカジーンズブームの時に、
まっさきに展開していた会社のひとつであり、
中でも私は生地の風合い、品質的に再注目していました。

もう十数年前の話になってしまいますが、
下北沢?だったかなのお店にはよくいきましたね。
まだ、金もあまりなかったので、商品を見ては『欲しいぃ〜〜〜〜』
なんて思ったものです。

恵比寿の方にも行かせてもらいましたね。。。

と昔話にふけってしまいましたが、
本当にここのジーンズは格好良いです!
ネットオークションや古着屋でたま〜に見かけるので、
探してみてください。

332105032_1.jpg

images.jpg




桃太郎ジーンズ


MOMOTARO JEANS 桃太郎ジーンズ


桃から生まれた桃太郎!

桃と言えば=岡山

岡山と言えば=デニム

日本のジーンズ発祥の地
岡山県児島で生まれたこのジーンズはまさに本物!

でも、
綿はジンバブエコットンを使っていて、
縦落ち抜群!
荒々しい表情から生まれる最高の色落ちが魅力のブランドです。

簡単に言うと、
ブランド名はちょっと可愛い感じなのですが、
大人の為のジーンズ!
ジーンズ好きの為のジーンズ作りにこだわった
最高級ジーンズって感じですね!






ビリケンマン


BILLIKEN MAN ビリケンマン


ここのジーンズはちょっとかわっていて、
でもかなりこだわっていて、
私はすごく好きですね!

アメリカ産の綿にこだわり、
岡山の旧式織機で作った個性ある表情、
すごくコシのあるデニムで色落ちも最高です!

『ジーンズが本来あるべき姿』

この言葉通りの素晴らしい作品!
是非一度お試しあれ!!!








ウエス


UES ウエス


ウエス(ボロ布)
このブランド名は一着のジーンズを穿き潰す!
ボロボロになるまで愛用して欲しい!
という思いが込められてつけられたそうです。

基本的にここのジーンズはジャストサイズが基本!
なので、試着は絶対!
神戸にアンテナショップがあるのですが、
ここに来る人の中には、
合わせたい服を持参して試着→購入というケースも多々あるらしいです。

ちなみに私はまだ持ってないんです。。。
なのでどんな感じかはわかりませんが、
かなり良いらしいです!

欲しいぃ〜。







フルカウント


FULL COUNT フルカウント

創業は1992年。
エビスジーンズ出身の辻田氏によって誕生した。

このブランドの由来は
実に面白く、野球のフルカウントからきている。
野球のフルカウントと言えば、
ツーストライク、スリーボールで
次の一球が勝負という実に緊張感のある瞬間。
妥協しない物作りをするという緊張感を
こんな表現でブランド名にするところも
他とは違う感性の持ち主だという事がわかる。

そのフルカウントの特徴と言えば、

穿き心地の良さ!
ジンバブエコットン100%!

良質なジンバブエコットンを
更に手積みで摘み分けて、
より良いもののみを使用していて、
最高の色落ちは勿論の事、
穿き心地を重視したレプリカジーンズ作りが
ジーンズマニアから絶大な人気を博している。

一度穿いてみないとこの感覚はわからないので、
文章で表現するのは難しいが、機会があれば
是非一度試して欲しい。



ウエアハウス


WAREHOUSE ウエアハウス

私が最も好きなブランド。
ここのジーンズは色落ちが最高!
一度穿いたらやめられなくなります。

設立は1995年。
ブランド名の由来はアメリカの古着倉庫からきている。
2003年からは

DUBBLE WORKS ダブルワークス
というニューブランドも始まった。

とにかく色落ちが最高です。
レプリカジーンズ、されどリアルジーンズ。

自分のオリジナルジーンズが欲しいと思っている人がいたら、
私は絶対ウエアハウスのジーンズをオススメします。



フェローズ


PHERROW'S  フェローズ

ここの商品はまず斬新!
レプリカジーンズは勿論の事、
アロハシャツやスウェットなど、
定番物をオリジナリティ豊かに提案している

こだわりの定番物の他、
現代風にアレンジしたアメカジスタイルも提案する、
幅広い人に人気のブランド。

特にジーンズスタイルにこだわった
STORMY BLUE ストーミーブルーは
私のお気に入り。

また、原宿にある直営店のスマートクロージングストアは
ウッドを基調にした雰囲気も最高のショップ。
よく、西のEVIS、東のフェローズと言われるが
まさに東京(日本)を代表するブランド。

志村さんがデザインしたアメリカンスタイルの数々、
是非一度ご覧ください。

※志村さんはリアルマッコイズの創立時のメンバーで、90年に独立。
 志村さんが始めて作った12万円のレプリカのフライトジャケットL2-Aは有名。



ドゥニーム


DENIME ドゥニーム

このドゥニームの由来は
セルジュ・ドゥ・ニームからきているそうです。
1988年設立のデニム作りを本格的にやっている
ブランドです。

ここのジーンズは長年穿いていました。
今では色落ちのいいジーンズが当たり前の様に
でていますが、
ドゥニームのジーンズはそんな当たり前が出る前に
研究を重ねて、縦落ちするジーンズを発売していた、
日本のこだわりジーンズの先駆け的ブランドです。

色落ち度はかなりいいです。
穿きこむ度にいい感じのあたりが出て、
愛着がどんどんわいてくる感じがありました。

私のこだわり、
ジーンズは生からというのも、
このインディゴの研究なくして語れません。
※ジーンズの生とはノンウォッシュの意味です。
覚えておくと通な気分になれますよ。
また、この状態ではのりがついているので、のりを落とす
為に最初はお湯洗いするのが生デニムの基本です。

そんなこだわりを叶えてくれた大好きなブランドです。



ダブルワークス


DUBBLE WORKS ダブルワークス

2003年からスタートした
ウエアハウスの兄弟ブランドです。

簡単に説明すると、

ウエアハウスが正統派レプリカジーンズ。
生(ノンウォッシュ)の常態から糊落とし、
色落としを一から楽しむジーンズ好きの
こだわりを追求したブランド。

ダブルワークスはこのウエアハウスブランドで培った
様々な技術を凝縮したジーンズ作りをしているブランドだ。
なかなか味わえない最高の色落ちを1本1本丁寧に再現している。
加工ジーンズが中心なので、ウエアハウスは大好きだけど、
色落ちするまで待てないといった人にはおすすめです。



ドライボーンズ


DRYBONES ドライボーンズ

デザイナーは武内武内陽明氏

元々古着屋のタズルタズル
(ダズルインターナショナル)
が1992年にオリジナルショップブランド
ドライボーンズ(drybones)を立ち上げ、
1995年からジーンズをスタートした。

ドライボーンズはその独特なデザインで
ファンの多いカジュアルウエア〜靴まで手がける
人気ブランドです。

その中でも『寿司耳ジーンズ』という
ガリ&醤油をイメージしたピンク&紫の糸を使用した
セルビッジが有名で海外にも人気のあるジーンズ作りをしている。

ガリ・・・ピンク
醤油・・・紫

和のテイストをオリジナリティ溢れるデザインで
展開するドライボーンズは個性的なファッション
が好きな人にはたまらないブランドだと思います。



ステュディオ・ダ・ルチザン


STUDIO D'ARTISAN ステュディオ・ダ・ルチザン

1979年創業のヴィンテージデニム(レプリカジーンズ)
を日本で最初に作成した老舗ブランド。
あのドゥニームが1988年スタートだから、
その9年前にレプリカジーンズを作った
ステュディオ・ダ・ルチザンは目のつけどころが素晴らしい。

ブランド名のステュディオ・ダ・ルチザンは

『職人工房』

という意味がこめられている。
完全なレプリカジーンズではなく、
その中に個性を出していこうという気持ちが格好いい。

このブランドの特徴は染め方の違う2つのデニム。

1・ナチュラルインディゴデニム
藍草から天然インディゴ色素を抽出して手作業で染め上げた
糸を使用したデニムで、ぼやけた感じの色落ちが特徴。

2・ピュアインディゴデニム
インジゴイド染料という合成染料を使用した
デニムで、濃淡がハッキリと出る色落ちが特徴。

代表作は2色使いセルヴィッジが印象的なD01。
色落ちが最高なベーシックなストレートモデルのSD−101。

それと忘れてはいけないのが、通称『日の丸ピスネーム』
と呼ばれる、日の丸をイメージした白タブ。
このちょっとした和心がファンにはたまらない一品になっている。

個人的にはこのブランドの色落ちは国内レプリカジーンズブランドの
中でも1、2を争う最高の色落ちだと思っている。

ジーンズ好きなら是非一度国内初のレプリカジーンズブランド
ステュディオ・ダ・ルチザンを穿いてみてください。




フラットヘッド


THE FLAT HEAD フラットヘッド

フラットヘッドは元々アメカジファンに人気の
長野県を拠点としたデザートヒルズマーケットの
オリジナルブランドとして1996年に誕生した。

このブランドの特徴はアメリカ古着の日本人向けデザイン。
分かりやすく説明すると、
日本人ではなかなか着こなせないアメリカ古着を
日本人の体形にあった形にして提案しているという事。

当然、このブランドにアメカジファンが注目しないわけがなく、
現在もアメカジファンに根強い人気を誇っている。

それと、忘れてはいけないのが縫製のこだわり。
フラットヘッドの商品はすべてがメイドインジャパン。
ただ真似るだけではなく、クオリティーの高さにもこだわりを持っている。


そんなフラットヘッドのジーンズ作りはというと、

20年代の強度。
40年代の色染め。
50年代のディテール。
60年代の色落ち感。

と古き良き時代のそれを現代に融合させたジーンズ好きの
理想を再現した最高の出来になっている。

研究に研究を重ね、改良をし続けたこのジーンズが、
フラットヘッドのクオリティーの高さ、
ブランドのこだわりを最大に表現しているといえる。

勿論ジーンズ以外にもフラットヘッドは
こだわりを持ったデザイン、アイテムが多く、
どれも最高の一品である。
是非一度、フラットヘッドを体感してみてください。



サムライジーンズ


SAMURAI JEANS サムライジーンズ

1998年に突如現れた今までのレプリカジーンズブランドとは
違った方向性で人気のジーンズブランド。

何が他のブランドと違うかと言うと、
別注商品、初回限定などを使った販売戦略。
メーカーと消費者との壁が薄く、
消費者の意見が物づくりに直接影響してくるという
画期的な企画を持ち出したのです。

消費者の声を商品づくりの根本にしていく。
特別なこだわりを持ちながらも客を決して忘れない精神。
別注や限定商品、時にはマンスリー企画という毎月新しい
商品を生み出す企画販売力。

ファンを大切にするブランドだからこそ
ここまでの人気を得ることが出来たのだろう。

サムライを連想させたデザインやへヴィーオンスデニムを
使ったこだわりのジーンズ。
今サムライジーンズは乗りに乗った
ブランドのひとつである事は言うまでもない。



FOB FUCTORY


FOB FACTORY

FOB FACTORY誕生は今から11年前の1995年。
日本が誇るデニムの名産地、岡山から始まった。

このブランドの魅力は何と言っても色落ち!
このブログで色落ちについては何度も書いてきたが、
きっとこのブランドの色落ちは国内ジーンズブランドの
中でもトップクラスの色落ちを再現している。

ただラインナップの数が少なく、
再現!といった感じのジーンズ作りが目立っていたが、
ここ最近は新作も登場して、更に人気が高まった。

FOB FUCTORYというブランドは、
あまりメディアに露出しない(広告を沢山だしたりしていない。)
にも関わらず人気を生んだすごいブランドです。
それはやっぱり先にもあげた色落ちのすごさ!
この話題がファンの耳に入り、一躍トップブランドに登りつめた感じだ。
派手な広告をしなくても、こだわりの物作りで知名度を上げる!
こういったところに職人気質というか、好きになる理由があるのだろう。

それとFOB FUCTORYの面白いところは、
こだわりを持った物づくりをしながらも、
それに驕らずに色々なオリジナルショップのジーンズ作りや
他社レプリカジーンズメーカーの物づくりも手助けするという
なんとも言いがたい、とても広い心を持った気持ち。

この気持ちもFOB FUCTORYの確固たる自信、
素晴らしい技術があってからの事だろう。

物づくり、色落ちだけでなく、
ブランド、会社としての魅力も超一流だと
私は感じています。

是非一度FOB FUCTORYのジーンズを拝見してみてください。



シュガーケーン


SUGAR CANE シュガーケーン

シュガーケーンは東洋エンタープライズから、
1975年にスタートした老舗メーカーの老舗ブランド。

わざとブランド名をみせない(パッチを付けない)で、
商品で勝負するという、自信と確信を兼ね備えた商品作り。

そのこだわりぬいたジーンズ作りは、当時群を抜いていた。

レプリカジーンズの先駆け的ブランドは数多くあるが、
このシュガーケーンも間違いなくその一つである。

復刻という2文字に研究に研究を重ねて作り上げたジーンズを見れば、
私が伝えたい気持ちがわかってもらえると思う。


シュガーケーンと言えばブランド名でもある
砂糖黍を混合した素材を使用した砂糖黍シリーズ!
このジーンズはものすごい縦落ちが体験出来る
異素材ジーンズになっている。
それと、現在は少しレプリカジーンズシーンから一線を退いた感はあるが、
そのノウハウを生かしながらも低価格を実現したスタンダードライン、
アメリカにこだわったメイドインUSAライン、
復刻ラインのどれをとっても今尚、魅力的なブランドに変わりはない。

話がずれるかもしれないが、東洋エンタープライズは
シュガーケーン以外にもハワイアンシャツ(サンサーフ)や
ミリタリー(バズリクソンズ)など、古き良き時代のアメリカを
何十年も前から研究を重ねて、最高の商品作りを実践している
数少ない会社である事を紹介しておきたい。




ジョンブル


JOHNBULL ジョンブル

設立1967年の老舗中の老舗ブランド。
前身のカワノ被服創業はその15年前の1952年。

岡山県児島にある自社工場では今もあのユニオンスペシャルが
現役で稼動している。
岡山県児島といえばデニムの聖地。
ここで半世紀もの間ジーンズ作りをしてきたジョンブルの
技術、ノウハウを結集したジーンズは絶品!

特に1995年にスタートさせたソーイングチョップは
ワーク、アメカジスタイルファンに人気のブランドとなっている。

長年研究してきた技術、ノウハウを原点に、
時代のニーズに合わせた物作りをしていく。
穿き心地のよいジーンズ。
気軽に楽しく穿く。
そんなジョンブルの物作りが私は最高に格好いいと思っている。



ピュアブルージャパン


pure blue japan ピュアブルージャパン

1997年に岩谷健一氏によって正藍屋が誕生した。
ピュアブルージャパンはこの正藍屋のブランドで、
日本だけではなく海外でも注目されている人気ブランド!


このブランドは岩谷氏が欲しいと思う服、
欲しいデニムを作るという事から始まった事もあり、
生地、縫製すべてにオリジナリティ、こだわりを持って
商品作りをしている。

その一番のこだわりはやっぱり藍染め!
インディゴでは味わえない色落ちをピュアブルーでは
体感できる。
パッチにデザインされている藍染職人を見ればどれだけ
藍染に対しての思い入れが強いか感じられると思う。


デニム好きが本気で作ったデニム!
ピュアブルージャパンのAI-001は絶品!
生地、シルエット、極太ステッチなど細部にこだわった
ジーンズは心からジーンズが好きだという証だと思う。

ピュアブルージャパン。正藍屋の職人ジーンズを、
海外でも注目されているこだわりジーンズを
皆さんも体感してみてください。



エビスジーンズ


EVISU JEANS エビスジーンズ

1991年設立のレプリカジーンズブームの火付け役的ブランド。
設立者はジーンズ好きなら誰もが知っているあの山根英彦氏。

エビスと言えばペンキステッチ。
でもこのペンキステッチは壁塗りようの余った
ペンキで自分で書いてしまえといった感じで始まった。

資金繰りが大変だった為に生まれたアイデアだったのでしょうが、
そのアイデアが後に爆発的ヒット商品になったのです。

しかも発売当初は縫製にこだわりを持っていた為、
資金不足で革パッチや赤タグ、織ネームすら
付いていないジーンズだった。

その後エビスブームが到来!
どこに行ってもエビスジーンズ!ペンキステッチ!
でも、只単にペンキステッチがエビスの特徴ではなく、
独特の色落ち感も人気の秘訣だったのだと思う。
※エビスジーンズの色落ちは青緑っぽい感じの色に落ちるんです。
※ちなみに腰穿き、幅広ロールアップもこの時に流行ったんです。

そのブームは日本だけにとどまらず、
ヨーロッパ、アジア諸国、アメリカにも渡り、
ヨーロッパでは

「世界で唯一のカルトブランドを作った男」

として様々なメディアで紹介された。


エビスの代表作は定番モデルの2001。
シルエットや縫製にこだわった最高の一品!
股下にリベットを使ったり、あて布で補強をしたりと、
クオリティに力を入れている。
これはエビスのクオリティ重視がいかにこだわりを
持ってやっているかがわかるところです。

日本が誇る世界的ブランド

エビスジーンズ

これからも快進撃を続けて欲しい。


※私の大好きなウエアハウス現代表の
 塩谷兄弟もエビスジーンズ出身です。
 豆知識でした。




ソメ


SOMET ソメ

2000年設立のメイド・イン・ジャパンにこだわった
海外を中心に展開するちょっと変わった路線のブランド。

ヨーロッパを中心に販売しているので、
日本で買う=逆輸入
という今までにない試みは
日本の技術を世界に広めるといったコンセプトからきている。

元々レディースも手がけていたためにレディースの最重要ポイント、
美脚的なシルエット、足が長く見えるジーンズがこのブランドの特徴で、
要所要所にこのシルエット、ディテールを入れているのも
人気のポイントになっているのではないでしょうか。

そんなレディース的要素をいれながらも、
セルビッチなどのレプリカジーンズの要素を忘れない所も
ジーンズへのこだわりを感じる。

ソメの由来は『染め』。
いまやデニムの最高染色技術国になった日本の
染めを世界に広める為、
日本は勿論、海外からも注目されている人気ブランド。

そんなソメの快進撃から今後も目が離せない。



ジョーマッコイ


ジョーマッコイ

1988年設立のザ・リアルマッコイズから
1993年にスタートした伝説的ブランド。

ザ・リアルマッコイズはミリタリーファンの間では
知らない人がいないと言っても過言ではないブランドで、
設立時に発表したA-2、研究を重ねて完成させた
フライトジャケットの数々、その完成度は、
オリジナルを超えたという声まであがったほど。

そんなブランドから発表されたジーンズが最高でない訳がない。
1993年当初はマッコイ・ワーク・クロージングという
ブランドで大戦モデルを発表。
1996にはLeeの101を復刻させた。
1997年にジョーマッコイとして新しくジーンズ作りを
展開していくのですが、このジョーマッコイは
『ジョセフ・ゲイティング・マッコイ』という人物を基に
架空のストーリーを作って、
そのストーリーからイメージしたジーンズを
最高の完成度で発表していった。

だが、2001年にザ・リアルマッコイズが倒産。
倒産=入手不可能。
必然的にファンはザ・リアルマッコイズ&ジョーマッコイを
求めていった。これが伝説的ブランドの由縁。
元々数多くのファンに支持されていただけに、
この倒産にショックを受けた人は多かっただろう。

しかし、現在はNYLONという親会社の元、
新生ザ・リアルマッコイズが復活。
今までとは一味違ったラインナップも一点一点こだわりを、
ザ・リアルマッコイズらしい商品になっている。

新生ザ・リアルマッコイズがまた
新しいムーブメントを作っていくことだろう。


ちなみに有限会社志村(フェローズ)代表の志村氏
はザ・リアルマッコイズ設立時のメンバーであった事は有名。
豆知識でした。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。