モンクレール

MONCLER モンクレール




今やファッションに欠かせないアイテムを輩出し続けているブランド、
モンクレール。
そのモンクレールが誕生したのは1952年の事でした。

フランス・グルノーブル近郊の小さな村
Monestier de Clermont(モネスチェ ドゥ クレールモン)
が発祥の地という事で、
この頭文字を取ってMONCLERと名付けられたのでした。

シンボルマークでモンクレールの商標でもある、オンドリは
1968年の第10回冬季オリンピックでフランスの
アルペンナショナルチームが着用して以来
シンボルマークとして使われています。

モンクレールと言えば、まず最初に思いつくのがダウンジャケットです。
このダウンジャケットも数々の歴史の中で生まれた産物なのです。

世界的なアルピニスト Mr.Lionel Terray。
この人物が大きく歴史を変えていったのです。

Terrayは寒さ対策として使われていたグースダウンを
詰めたジャケットを見て、その可能性に着目したのでした。

耐久性と保温性を求めて、改良を依頼。
試行錯誤の末、開発されたのが
モンクレールのダウンジャケットの始まりです。

1954年。カラコルム登頂に成功。
1955年。標高8470メートルのMakalu登頂に成功。
この成功にはモンクレールのダウンが大活躍
した事は言うまでもありませんね。

この様にしてアルピニストやスキーヤーなどから高い支持を得ていった
モンクレールですが、更に革新的な出来事がやってきます。
それはファッション誌のELLEでの紹介でした。

光沢のあるナイロン素材(シャイニーナイロン)を使った鮮やかなカラー。
登山用だけではなく、一般市民にも絶対に流行ると直感しての事だったそうです。

こうして1980年には世界中の人々から愛されるブランドとして、
モンクレールは世界中の人達から注目のブランドへと、
その地位を確立していったのでした。

軽くて暖かい。
オシャレで高品質。

その品質、ブランドバリューから値段は高いのですが、
ダウンジャケットの最高峰である
モンクレールの商品を是非一度試してみてはいかがでしょうか。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。