デニム


デニム【Denim】

通常、たてにインディゴ(天然染料、藍)で染めた10〜14Sの
糸を使い、よこに12〜16Sの漂白糸をつかった綾織の織物。

表には色糸(インディゴ)、裏には白糸がでる仕組みになっているんです。

インディゴで染める場合は全てを染めきるのでは
なく、表面だけにしか染めないようにしているんです。

これであのカッコイイ色落ちが出来るんです。

それと、デニムの語源。
これはフランスのニームというところで作られたのが始まりで、
(ニームのサージ)→(セルジュ・ドゥ・ニーム)
デ・ニームって呼ばれるようになったんだって。

デニム好きの豆知識でした。



| 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。