ハワイアンシャツの歴史


ALOHA(アロハ)
意味【愛情、好意、挨拶・・・etc.】

そんなアロハシャツ『ハワイアンシャツ』の歴史を語るのには
相当の時間がかかるかもしれませんが、
まず、この人物は覚えておくといいかもしれません。

宮本長太郎、孝一郎
エラリー・J・チャン

まずは宮本長太郎という人物。
この人物がホノルルの
『ムサシヤ』
というシャツメーカーを創業。
日本の反物を使ってシャツを作り人気の店になったのです。
その後、日本にいた長男の孝一郎がハワイに渡り、
『ムサシヤ・ショーテン』
と変え、大々的にアロハシャツの普及を
してホノルルで人気のシャツ店へと変貌していったのです。

※そんなアロハシャツを観光土産としてアメリカ本土に持ち帰る
 観光客から、ハワイ=アロハシャツが知れ渡っていったのです。
 アロハシャツは日本とすごく関係の深い洋服なのです。

その後、エラリー・J・チャンという人物が
『アロハシャツ』
という商標を取得して
アロハシャツを実質独占していました。

元々、着物の再利用的な存在だったアロハシャツだが、
今ではハワイでの男性の正装にまでなっている。

シルク→レーヨン→ポリエステル

と様々な素材変化をしながら、
今尚人気のアロハシャツ。
勿論、ジーンズとの相性もバツグンだと思っている。

またアロハシャツの人気の秘密は
柄の多さ。

様々な柄があり、好みによって色々と選べるという
利点から人気が爆発していったのではないでしょうか。




| 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。