ナイキ


NIKE ナイキ

ナイキの歴史はこの2人から始まりました。
オレゴン大学で陸上部のコーチをしていた
ビル・バウワーマン

そのオレゴン大学でランナーだった
フィリップ・ナイト

この2人が共同で
ブルーリボンスポーツという会社を設立して
日本が誇る最高のスニーカーであるオニツカタイガー(現在のアシックス)
のアメリカ販売を始めたのです。
これが1964年の事でした。

1966年
バウワーマンの設計、オニツカの作製でコルテッツが発売される。

1971年
そしてその7年後の1971年にブランド名として、
ギリシャ神話の勝利の女神『ニケ NIKE』を採用したのです。
これが『ナイキ NIKE』の始まりです。
ちなみにナイキのロゴマークでもある
ニケの羽を表した『スウッシュ SWOOSH』は
キャロライン・デビットソンという女子学生が35ドルで考えた
ものだったんです。

1972年
オニツカタイガーから契約権トラブルで
訴訟問題となり、オニツカタイガーとの契約が停止になりました。

この一件でオニツカタイガーから開発技術を盗む為に近づいた
集団というイメージを持っている人がいるのです。
※まったく知らないかとは思いますが・・・。

1974年
ヒット商品が生まれる。
それがワッフル・ソールを採用したランニングシューズだ。
このワッフル・ソールはバウワーマンが朝食用のワッフルから
思いついたというのだから実に面白い。

1978年
社名を「NIKE inc.」に変更。

この年には「AIR」第一号モデルの
テイルウインド TAILWINDが発売された。
この発明は元NASA研究員のフランク・ルディ
と友人のボブ・ボガードが考案した。
そのアイデアをナイキが買い取り試行錯誤の末に、
ミッドソールにビニールパックを仕込む方法を
発明して製品化したものである。

1982年
エアを搭載したバスケットボールシューズの第1号である
エア・フォース1 AIR FORCE Tが発売される。

1984年
NBAシカゴ・ブルズへ入団しようとしていた
アメリカ・ノースキャロライナ大学の
バスケットボールチーム選手マイケル・ジョーダンと契約。
「エアジョーダン」を発表。
空前絶後の爆発的ヒット商品が誕生した。

ナイキの歴史はこの様な感じで進んできたのです。
ナイキ好きな方は覚えておくとどこかで役に立つかもしれません。

※間違いや付け足しがありましたらコメントください。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。