コンバース


converse コンバース

1908年設立。
アメリカのマサチューセッツ州モールデンのデパート経営者、
マーキス・M・コンバースによって誕生しました。

コンバースは2001年に事実上倒産してしまうのですが、
それまでの93年間で様々なヒット商品を生んできました。

その代表作が1917年発表のキャンバスオールスター。
このオールスターは累計5億足も売れた史上最高のスニーカーです。
ちなみに、このキャンバスオールスターですが、
発売当時はくるぶし部分にあるアンクルパッチはまだ無く、
とてもシンプルな商品でした。
そのアンクルパッチが付いたのが1945年ですから、
約30年間このシンプルなデザインとして販売されていたのです。

そして、もう一つの代表作、ジャックパーセルは
1935年に誕生しました。
プロテニスプレーヤーのジャック・パーセルが開発に参加、
そうして研究に研究を重ねて誕生したのです。

他にもワンスターやウェポンなどの様々なヒット商品を
世に送り出してきたのですが、
2001年に惜しまれながらも、事実上の倒産を迎えてしまいます。

その後、伊藤忠商事が資本参加して
コンバースジャパンが設立されたのですが、
この倒産により、よりポップなデザインが多く生まれてきました。

旧コンバースと新コンバース、
昔からのコンバースファンは旧コンバースを愛し、
新コンバースを避ける傾向にありますが、
コンバースが現在も人気ブランドであることは事実で、
その価格とデザインは数多くの人々に愛され続けているのです。

私自身もコンバースは数多くのデザインを履いてきましたが、
やっぱりオールスターはスニーカーの代名詞的存在だと思います。
このオールスターに出会い、
スニーカーが好きになったという人も多いのではないでしょうか。

あまりこの歴史を知らない人が多いとは思いますが、
事実上倒産→復活と紆余曲折を経て今なお人気ブランドであり続ける
コンバースの魅力を皆さんにも一度味わってほしいと思います。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。