ガボール


デザイナーはガボール・ナギー。
スカルをデザインしたシルバーアクセサリーが有名で、
その完成度は高く、数多くの有名人から愛させれる
言わずと知れたスーパーブランド。

ガボールは45歳という若さでこの世を去ってしまったのですが、
シルバーアクセサリー界の首領とまで言われる絶対的存在でした。

15歳でシルバーアクセサリー界に入り、
工房で10年間の修行を積み、
フリーデザイナーとなってからはいくつもの会社から
デザインを依頼される様になっていく。

その当時のシルバーアクセサリーと言えば、
主流はレディース。男性向けアクセサリーが極端に少ない
事からガボールはベニスビーチの小さな小屋で
オリジナルデザインを作り始めたのです。

その噂は瞬く間に広がり、
ガンズ&ローゼスやエアロスミスなども彼のデザインに
惹かれていったのです。

日本でも大ブームになり、
クロムハーツかガボールかと言った2大ブランドとして
世の中を騒がせていた記憶があります。

ガボールが亡くなってしまった現在は妻のマリア・ナギーが
後を継いでいます。

シルバーアクセサリーに革命をもたらしたガボール。
彼が数多くの人から慕われたのには、
その作品一つ一つが完成されていて、
他では絶対に味わえない最高のデザインがあったからではないでしょうか。

『ガボールのスカルは笑っているだろ?ハッピーにしてくれるんだよ。』

彼が残したこの言葉があまりにも印象的で、
スカルのイメージが変わったのを覚えています。
どんなに時間が経っても決して価値が下がらない。
本物の中の本物。

それがガボール。
ガボールのシルバーアクセサリーだと思います。



【アクセサリーの最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。