リーバイス


Levi's(R) リーバイス

リーバイスの歴史=ジーンズの歴史
ジーンズを語る上に絶対に欠かせないブランド、
リーバイスを紹介致します。

リーバイスの設立は1853年。
今から153年前までさかのぼる事になるのです。

この時期のアメリカはゴールドラッシュ全盛期。
ゴールドラッシュでアメリカには大勢の人が集まっていました。
その金鉱堀達の悩みは重労働によるズボンの消耗。

すぐにズボンが破れてしまう。
この事を対象に商売が出来ないかと考えたリーバイ氏は
丈夫な生地、カンバス地でズボンを作ればと思い開業したのが
リーバイスの始まりでした。

その時に虫除け、汚れが目立たない事を目的に使ったのが、
藍による染めだったのです。

こうして完成したズボンこそがジーンズの原点で、
この商品が金鉱堀達に爆発的人気になり、リーバイ氏が
作るズボン『リーバイスジーンズ』が世に知れ渡っていったのでした。


その後、このリーバイスの歴史に欠かす事の出来ない人物が
登場する事になります。
それがヤコブ・デイビス氏です。

このヤコブ・デイビス氏がリベットを付けた商品をリーバイ氏に
提案したのがきっかけで、リベット付きジーンズが誕生したのです。

この発明はデイビス氏の元に一人の女性がきこりの夫の為に特注した
ズボンから始まりました。
その際に女性は特にポケットがほつれてしまうと
デイビス氏に伝えたのです。
そこで、デイビス氏は馬用ブランケットに使うリベットを見て
ポケットにリベットを打ち付ける事を思いついたのです。

こうして発明されたリベット付きズボンを
他の誰かに真似される事を心配していたデイビス氏は、
生地の仕入先であるリーバイ氏に共同で
リベット付き衣料の特許取得を打診、
501ジーンズの原点がここに生まれたのでした。

このデイビス氏はその後リーバイス自社工場の初代工場長に就任。
リーバイ氏と共にリーバイスの歴史上、ジーンズの歴史上で
欠かせない人物となったのです。

※ちなみにヤコブ・デイビスの息子のサム・デイビス氏は
 2代目工場長になるのですが、1932年にサムの息子の名前を
 とったベン・デイビス・カンパニーを設立しました。


リベットがジーンズに打ち付けられてから35年後の1905年に
5ポケットパンツが誕生、この時点で現在のジーンズとほぼ変わらない
ジーンズが完成。

その10年後には赤耳デニムが使われる様になります。
でも、まだこの時点での呼び名はオーバーオールズ。
今の様にジーンズと呼ばれる様になったのは1960年からなのです。


今では当たり前の様に穿いているジーンズですが、
こうしてジーンズは誕生したのです。
色々な人物の試行錯誤とちょっとしたヒラメキが
生んだ代物だったのです。


簡単に書きましたが、
リーバイスの歴史=ジーンズの歴史がこれでわかったと思います。
このリーバイスなくして今のジーンズブームはなかったのです。
ジーンズの原点501の誕生。
この歴史は絶対に覚えておくべきだと思います。



【デニムブランド(海外)の最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。