カーハート


Carhartt カーハート

設立は今から100年以上前の1889年。
設立当初は今の様なワークブランドではなく、
家具の卸業から始まった。

創業者のハミルトン・カーハートは1861年にNYで誕生。
彼が33歳の時、1884年にこのカーハートの前身である
ハミルトン・カーハート&カンパニーをデトロイトに設立。

1889年のワークウエア生産スタート時は5人の従業員と
4台のミシンから始まったのでした。

丈夫なワークウエアは様々な人から愛され、
絶大な人気を得ることになる。

その中心はやはり労働者。
労働者の為の丈夫な服。
ダック地のオーバーオールはこの背景から産まれた代物だったのです。

その人気から1910年には8つもの縫製工場と2つの紡績工場を持つ
大会社に成長。
社名もハミルトン・カーハート・コットンミルズに変更。
労働者の中心地ハートランドと
自身の名前、ハミルトン・カーハートから
ハートマークのロゴを使用した。

1961年にはハートマークから現在のコーンナコピアCに変更。
70年代からはカジュアルテイストな商品を発表していった。

※コーンナコピアとはギリシャ神話に登場する山羊の角で
 出来た円錐形の容器の事で、
 豊かさの象徴を表しているんです。

90年代からはストリートウエアライン(UK Carhartt)がスタート。

そして、現在は様々なアートに通じ、
STUSSYなどとのコラボレーションも展開。

こうして着心地のよさ、丈夫さ、アーティスティックな商品展開に
よって大勢の人から支持を得たカーハートは
世界中の人々から愛される人気のブランドになったのです。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。